クイックスタート|Tropo Web API

カンファレンスコール

   

カンファレンスコール-殆どの企業とって最も基本的かつ一般的なニーズの一つでしょう。 Tropoでは、 TROPOでは数行のコードで簡単に会議通話を作成できます。

 
require 'tropo-webapi-ruby'
require 'sinatra'

post '/index.json' do
  
  t = Tropo::Generator.new
  
  t.say("会議にようこそ!")
  t.conference({:name => 'conference',
                :id => '1234'})
  
  t.response
  
end

var http = require('http');
var tropo_webapi = require('tropo-webapi');

var server = http.createServer(function (request, response) {  
  
    var tropo = new TropoWebAPI();
    
    tropo.say("会議にようこそ!");
    tropo.conference("1234", null, "conference", null, null, null);
    
    response.end(TropoJSON(tropo));

}).listen(8000); 
<?php

require 'tropo.class';

$tropo = new Tropo();

$tropo->say("Transferring you now, please wait");

$tropo->conference(null, array("name"=>"conference", "id" => "1234"));
    
$tropo->RenderJson();

?>
from itty import *
from itty import *
from tropo import Tropo

@post('/index.json')

def index(request):

    t = Tropo()
    
    t.say("会議にようこそ!")
    t.conference(id = "1234", name = "conference")
    
    return t.RenderJson()

run_itty(server='wsgiref', host='0.0.0.0', port=8888)

{"tropo":[
      {
         "say":[{"value":"会議にようこそ!"}]
      },
      {
         "conference":{
            "name":"conference",
            "id":"1234"
         }
      }
   ]}
 

Tropoにおけるセッションの最大時間は2時間であることにご注意ください。 どの電話会議も2時間の最大使用可能時間が過ぎると、セッションは切断してしまいます。

 

電話会議もより高等なものにできます。terminatorを追加して通話を切断する、 彼らが参加したときに、押されたDTMF音を聞こえるようにする機能を追加する、 (標準の会議電話ではなくプレゼンテーション用として)入室時にユーザをミュートする、または、 terminatorを使用して切断すると退室メッセージを再生するなどです。

 
require 'tropo-webapi-ruby'
require 'sinatra'

post '/index.json' do
  
  t = Tropo::Generator.new
  
  t.say("会議にようこそ!")
  t.conference({:name => "conference",
                :id => "1234",
                :terminator => "#",
                :mute => true})
  t.say("次のご利用を待ってます!")
  
  t.response
  
end

var http = require('http');
var tropo_webapi = require('tropo-webapi');

var server = http.createServer(function (request, response) {  
  
    var tropo = new TropoWebAPI();
    
    tropo.say("会議にようこそ!");

    tropo.conference("1234", true, "conference", null, null, "#");

    tropo.say("次のご利用を待ってます!");
    
    response.end(TropoJSON(tropo));

}).listen(8000); 
<?php

require 'tropo.class';

$tropo = new Tropo();

$tropo->say("会議にようこそ!");

$tropo->conference('1234', array("name" => "conference", "id" => "1234", "mute" => true, "terminator" => "#"));

$tropo->say("次のご利用を待ってます!");
    
$tropo->RenderJson();
    
?>
from itty import *
from itty import *
from tropo import Tropo

@post('/index.json')

def index(request):

    t = Tropo()
    
    t.say("会議にようこそ!")
    t.conference(id = "1234", name = "conference", mute = True, terminator = "#")
    t.say("次のご利用を待ってます!")
    
    return t.RenderJson()

run_itty(server='wsgiref', host='0.0.0.0', port=8888)

{"tropo":[
      {
         "say":[{"value":"会議にようこそ!"}]
      },
      {
         "conference":{
            "name":"conference",
            "terminator":"#",
            "id":"1234",
            "mute":true
         }
      },
      {
         "say":[{"value":"次のご利用を待ってます!"}]
      }
   ]
}
 

製品や開発段階で使用するconferenceIDは、あなたのすべての製品アプリケーションと開発アプリの間で共有されます。 ですが、これらのIDは他のアカウントとは共有されません。 従って、あなたの会議IDが「1234」である場合、別のTropoユーザーが「1234」を使用していても、競合することはありません。

 

通話の管理については以上です。次は、シンプルグラマでの処理をご覧ください。