Scripting API リファレンス|TropoスクリプティングAPI

connectedDuration オブジェクト

   

このオブジェクトは、transferにしか設定されないもので、通話の転送に、時間(数秒)を空けるように設定できます。 この期間は送信先の通信局が応答してからカウントされます。

 
  • event.choice.concept - 認識から返されたタグまたは概念のみをさします。
  • event.choice.interpretation - 結果の意味を完全に解釈することです。
  • event.choice.utterance - 解釈の前に、発信者が実際に入力するものです。
  • event.choice.confidence - 結果に対するASRエンジンの信頼度のことです。
  • event.choice.xml - 基礎MRCPエンジンから返された未加工のNLSML結果のことです。
 

下記の「event.choice.interpretation」の例で、最も一般的な使用法の1つをご紹介します。

 

サンプル

 
  say("転送中です、お待ちください。");
transfer("09012345***", {
    playvalue: "/music/horyuon.mp3",
    onSuccess: function(event) {
        log("******************** " + event.duration + " and " + event.connectedDuration + " ********************");
    }
});  
say "転送中です、お待ちください。"
transfer "09012345***", {
    :playvalue => "/music/horyuon.mp3",
    :onSuccess => lambda { |event|
        log "******************** #{event.duration} and #{event.connectedDuration} ********************"}
}
<?php
say("転送中です、お待ちください。");
$event = transfer("09012345***", array(
    "playvalue" => "/music/horyuon.mp3",
    "onSuccess" => "successFCN"
    )
);
function successFCN($event) {
    _log("******************** ".$event->duration." and ".$event->connectedDuration." ********************");
    }
?>
say("転送中です、お待ちください。")
transfer("09012345***", {
    "playvalue":"/music/horyuon.mp3", 
    "onSuccess": lambda event : log("******************** " + str(event.duration) + " and " + str(event.connectedDuration) + " ********************")})
say("転送中です、お待ちください。")
transfer("09012345***", [
    playvalue: "/music/horyuon.mp3",
    onSuccess: { event->
        log("******************** " + event.duration + " and " + event.connectedDuration + " ********************");
    }
])
   
choice duration