Scripting API リファレンス|TropoスクリプティングAPI

attempt オブジェクト

   

これを使えば、個々の試行(実行可能な回数はaskメソッド内の「attempts」パラメータによって定められます)の動作を設定することができます。

 

下記の例では、attemptが3と定義されているので、ユーザが正解を選択しない場合、Tropoはプロンプトを3回繰り返します。 attemptが1、あるいは2の場合には、それぞれ異なる動作をするように定められています。

 

サンプル

 
  ask("1番を押してください。", { 
	attempts:3, 
	choices:"1", 
	mode:"dtmf", 
	onBadChoice:function(event) { 
		switch(event.attempt) { 
			case 1: say("無効な選択です。"); 
			break; 
			case 2: say("まだ無効です。"); 
			} 
		} 
	}
);  
ask "1番を押してください。", { 
  :attempts=>3, 
  :choices=>"1", 
  :mode=>"dtmf", 
  :onBadChoice => lambda { |event| 
    case event.attempt 
      when 1 
        say "無効な選択です。" 
      when 2 
        say "まだ無効です。"
    end 
    }
}
<?php 

ask("1番を押してください。", array( 
	"attempts" => 3, 
	"choices"=>"1", 
	"mode" => "dtmf", 
	"onBadChoice" => "badChoiceFCN" )); 

function badChoiceFCN($event) { 
	switch($event->attempt){ 
		case 1: say("無効な選択です。"); 
		break; 
		case 2: say("まだ無効です。"); 
		break; 
		} 
	} 

?>
ask("1番を押してください。", { 
	"attempts":3, 
	"choices":"1", 
	"mode":"dtmf", 
	"onBadChoice": lambda event : say("無効な選択です。") if event.attempt == 1 else say("まだ無効です。") 
	}
)
ask("1番を押してください。", [ 
	attempts:3, 
	choices: "1", 
	mode: "dtmf", 
	onBadChoice: { 
		event-> switch(event.attempt){ 
			case 1: say("無効な選択です。") 
			break 
			case 2: say("まだ無効です。")
		}
	}
])