通話の管理|TropoスクリプティングAPI

   

通話、録音、IVR、音声再生といった通話相手との直接的なやり取りは、アプリケーションの機能に必要な機能の大部分を構成します。 ですが、特にビジネス向けのアプリケーションにおいては、転送、拒否、会議といった追加の機能が必要になることもあるでしょう。 この章では、それぞれのセッションが電話のフローを管理し、接続されてから通話でやり取りするのとは対照的に、 通話が入電したら、接続する対象を動的に決定します。 それぞれの詳細については、次の各章をご覧下さい。