クイックスタート|TropoスクリプティングAPI

タイムアウトを変更する

   

より高度なIVRのサンプルでは、Tropoでは、デフォルトの30秒間ユーザーの応答を待機します。 30秒間ではなく10秒間待たせる場合はtimeoutパラメータを使用します

Tropoのやや高度なaskメソッドには、5つのステップがあります。

  • 1.TROPOが音声ガイダンスでユーザーに質問を投げる。
  • 2.ユーザーはガイダンスに従って特定の選択する。
  • 3.(任意):IVRでTropoが使用するのデフォルト設定の変更。
  • 4.(任意):ユーザーが何もしないか、不正な選択を行うケースの処理。
  • 5.ユーザーの選択に基づいてTROPOが次の処理を行う。
 
var result = ask("出席は1、欠席は2を押してください。", {
  choices: "[1 DIGIT]",
  timeout: 10.0,
  attempts: 3
});
if(result.value == 1){
    var message = "出席";
}else if(result.value == 2){
    var message = "欠席";
}
say("あなたは" + message + "します。");
result = ask "出席は1、欠席は2を押してください。", {
  :choices => "[1 DIGIT]",
  :timeout => 10.0,
  :attempts => 3
  }
if result.value == "1"
    message = "出席"
elsif result.value == "2"
    message = "欠席"
end
say "あなたは" + message + "します。"
<?php
$result = ask("出席は1、欠席は2を押してください。", array(
  "choices" => "[1 DIGIT]",
  "timeout" => 10.0,
  "attempts" => 3
));
if($result->value == "1"){
    $message = "出席";
}elseif($result->value == "2"){
    $message = "欠席";
}
say("あなたは" . $message . "します。");
?>
result = ask(u"出席は1、欠席は2を押してください。", {
  "choices" : "[1 DIGIT]",
  "timeout" : 10.0,
  "attempts" : 3})
if result.value == "1":
    message = u"出席""
elif result.value == "2":
    message = u"欠席"
say(u"あなたは" + message + u"します。")
result = ask("出席は1、欠席は2を押してください。", [
  choices: "[1 DIGIT]",
  timeout:  10.0,
  attempts: 3])
if(result.value == "1"){
    message = "出席"
}else if(result.value == "2"){
    message = "欠席"
}
say "あなたは" + message + "します。"
 

上記では、10秒待って応答が無い場合に、同様の質問を3回まで繰り返します。

 

次の章では、アプリケーションでのエラー処理について説明します。