通話プロパティ|TropoスクリプティングAPI

   

通話に必要な情報には、音声をはじめとして様々なものがありますが、とりわけ重要なのが callerID です。 当社はより多くの情報を提供できるよう努めています。 下記の表は対応しているプロパティ一覧です。詳細については、メッセージプロパティのページ、 およびAPIリファレンスのcallのページをご覧ください。

プロパティ 概要
calledID その通話セッションの発信先です。 たとえば、(090)1234-XXXXが、(03)5428-XXXXに電話をかける場合、 (03)5428-XXXXがcalledIDになります。
calledName その通話のセッションの発信先の名前です。 たとえば、NagoyaがFukuokaに電話をかける場合、FukuokaがcalledNameになります。 これは主にSIP通話で使用されるもので、SIPヘッダのユーザ部分から読み込みます。
callerID その通話セッションの発信元です。 たとえば、(090)1234-XXXXが、(03)5428-XXXXに電話をかける場合、(090)1234-XXXXがcallerIDになります。
callerName その通話のセッションの発信元の名前です。 たとえば、NagoyaがFukuokaに電話する場合、 Nagoyaがコーラー名になります。 これは主にSIP通話で使用されるもので、SIPヘッダのユーザ部分から読み込みます。
channel このセッションのチャンネルです。
network このセッションに使用されるネットワークの名前です。 音声の場合、これは "PSTN"または"SIP"となります。
isActive これにより、通話が有効かどうかを判断することができます。 通話が接続中の場合には、「true」と返ってきます。 通話を切断したのに、セッションがアクティブのままである場合には、「false」と返信します。
isIncoming 通話がインバウンドかアウトバウンドかを識別します。インバウンドなら「true」を、アウトバウンドなら「false」を返します。
id 各セッションは複数の通話が可能です。この場合、特定の通話をを識別することも可能です。
sessionId その通話を識別するセッションIDです。
state 「ANSWERED」や「DISCONNECTED」のように、通話の状態を識別します。
answeredTime アウトバウンドコールを検出します。通話がインバウンドの場合は空白になります。

以上のプロパティには簡単にアクセスできます。この例では、 callerIDcallerName を使って、名前から発信者を特定し、特定した番号を転送します。

if (currentCall.callerID == "sip:210987654321@sip.tropo.com") {
    say("お電話ありがとう " + currentCall.callerName + ", 田中に転送します。");
    transfer("031234XXXX");
    }
else if (currentCall.callerID == "sip:12345678912@221.122.54.86") {
    say("お電話ありがとう " + currentCall.callerName + ", 山田に転送します。");
    transfer("0909876XXXX");
    }
if ($currentCall.callerID == "sip:210987654321@sip.tropo.com")
    say "お電話ありがとう " + $currentCall.callerName + ", 田中に転送します。"
    transfer "031234XXXX"
elsif ($currentCall.callerID == "sip:12345678912@221.122.54.86")
    say "お電話ありがとう " + $currentCall.callerName + ", 山田に転送します。"
    transfer "0909876XXXX"
end
<?php
if ($currentCall->callerID == "sip:210987654321@sip.tropo.com") {
    say("お電話ありがとう ".$currentCall->callerName.", 田中に転送します。");
    transfer("031234XXXX");
    }
elseif ($currentCall->callerID == "sip:12345678912@221.122.54.86") {
    say("お電話ありがとう ".$currentCall->callerName. ". 山田に転送します。");
    transfer("0909876XXXX");
    }
?>
if (currentCall.callerID == "sip:210987654321@sip.tropo.com") :
    say("お電話ありがとう" + currentCall.callerName + ", 田中に転送します。")
    transfer("031234XXXX")
elif (currentCall.callerID == "sip:12345678912@221.122.54.86") :
    say("お電話ありがとう" + currentCall.callerName + ", 山田に転送します。")
    transfer("0909876XXXX")
if (currentCall.callerID == "sip:210987654321@sip.tropo.com") {
    say("お電話ありがとう" + currentCall.callerName + ", 田中に転送します。");
    transfer("031234XXXX");
    }
else if (currentCall.callerID == "sip:12345678912@221.122.54.86") {
    say("お電話ありがとう " + currentCall.callerName + ", 山田に転送します。");
    transfer("0909876XXXX");
    }

メッセージプロパティの場合には少し異なる部分があります。詳細は次のページで説明します。