あふれ呼対策アプリ

初期費用を抑え、本格利用ができるあふれ呼対策パッケージ

TROPOクラウドを使った「あふれ呼対策アプリ」は、初期費用を抑え、本格利用ができるパッケージサービスです。音声自動案内(IVR)によるコールバックリクエストやSMS送信による顧客フォローはもちろん、あふれ呼のコール分析により「オペレータの席数は足りているか」などマネージメントにも役立っています。

あふれ呼対策アプリの流れ

あふれ呼対策アプリの概要

お客様準備作業は、PBX側で発生するあふれ呼を当社が指定する電話番号(050-xxxx-xxxx)に転送設定していただくだけです。
TROPO側で受電したあふれ呼には自動応答ガイダンスが流れ、「プッシュダイヤル」と「伝言メッセージ」により、発信者(お客様)はコールリクエストを申し込むことができます。 コールセンターでは、WEBページ上にリスト表示されるリクエスト者一覧を見て、コールバックすることができます。
また、管理に役立つ「あふれ呼集計レポート」機能や、フォローに効果的な「SMS送信機能」などもご利用いただけます。

  • PBXの設定変更が別途必要となります。
  • 転送中は1通話に対し1回線(ch)使用するため、空き回線が別途必要となります。
    ご利用環境によりお奨めの設定が異なりますので、詳細はPBXの保守業者へご確認ください。

音声も確認できるコールリクエスト一覧

オペレータは、ブラウザで「コールリクエスト一覧」を閲覧できます。

コールバックを希望された方は電話番号を表示し、未入力のレコードは「放棄呼」(切断された通話)となります。 伝言メッセージを残された場合は画面上の再生ボタンを押下することでブラウザ上からそのまま再生することができます。 コールリクエスト一覧の閲覧権限(ID・パスワード)は管理者画面上から登録・変更することができます。

コールリクエスト一覧
先頭へ戻る