IVR(自動音声応答)

サンプルコード

自動応答ガイダンスに従い
3部門(PBX・携帯・単独電話混在)に着信を振り分ける場合

TROPOは着信リストに対し一斉鳴動が基本となりますが、アプリケーションの作り方次第でご利用者の用途にあった様々な着信パターンを作ることができます。

着信パターン 一斉鳴動 優先型 YES/NO型
説明 登録番号へ同時に着信し、最初に応答した電話に通話が繋がる 優先順の高い電番へ着信し、話し中の場合は次の優先順の電番へ着信する 優先順の高い電番へ着信し、「YES」を返した相手と通話する
必要回線数
=同時利用数
3回線 1回線 1回線
先頭へ戻る