TROPOとは

全世界で開発者数20万人 42カ国の電話番号を発行

"TROPO"とは、インターネット(クラウド)上にある回線から電話をかけたり(アウトバウンド)、電話を受け(インバウンド)ながら多重チャネル通信アプリケーションを実行できる"マルチテナント・クラウド・プラットフォーム"です。

TROPOプラットフォーム上で、お客様自身が単純化されたAPIを使用し、電話、SMS、標準的なウェブ技術を用いてリアルタイム通信を行うアプリケーションを開発することが可能。公開されたAPIをウェブサイトやアプリケーションなどに実装するだけで、電話の受発信機能、電話の音声を録音する機能、音声データを電話で再生する機能、文字を音声に変換する音声合成機能、音声自動応答(IVR)及び転送機能 SMS配信機能など、あらゆるテレフォニーサービスがご利用になれます。

現在、全世界でサービス利用開発者数20万人、サービス提供国42カ国以上と、世界的に注目を集めています。

  

ナンバー提供国:
オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、ペルー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカ

  
TROPOを中心にWEB、スマートフォン、アプリケーション、SMS、PBX、PHS、WebRTC、固定電話
無料部分 有料部分
・TROPOアカウント
・各言語に対応したAPI
・クラウドによる開発環境
・電話番号基本料(月額)
・通話料、SMS配信
・ディスク容量追加など
  
  

TROPOアプリケーションの作り方は2つ

●スクリプティングAPI

「スクリプティングAPI」は、TROPOプラットフォーム内部にスクリプトファイルを保存し、TROPOのプラットフォームだけでアプリケーションを構成するイメージです。スクリプトは、php/java script/ruby/python/groovyの5種類に対応し、プラットフォーム内にある専用エディターを使って記述していただきます。
オプションサービスでプラットフォーム内のWEBやDBサーバなども利用できますので、お客様側にてサーバーをご用意する必要がなく、手軽に通話アプリを構成したい時などに適しています。

<対応言語>
php javascript
groovy python
ruby

●WEB-API

「WEB-API」は、一元化されたデータベースや大規模な外部のサーバシステムと連携させたい場合に適していると言えます。外部にあるサーバからJSONによってTROPO(通信API)を制御しますので、既設の開発リソースをそのまま活用することができます。

  
  

「050」「0120」の電話番号が使える

「050」などの電話番号で開発したアプリケーションに割り当て(複数可)、即日ご利用いただけます。(ナンバーポータビリティにも対応します)
TROPOは1つのアプリに割り当てる電話番号の数に制限がありません。また、アウトバウンドやインバウンドなどで同時に使用する分の"最大接続数"分の回線数を日頃から維持する必要がなく、コスト面でも効率のよい運用ができるのが特長です。


例えば、「1つの電話番号から50名に対して発信する音声ガイダンスアプリ」を例に取ります。
TROPOを使うと、1つの発信者番号(CallerID)を利用して50名に対して同時に発信することができ、この50通話で使用した通話料金は1つの電話番号に集約されます。TROPOアプリに割り当てる電話番号が1つの場合、毎月の回線の基本料金は1回線分の100円で済みます。
また、1人ずつまたは数回に分けて50名に発信する場合と比較すると、発信にかかる時間は数分の1~50分の1で済み、時間も節約できます。

  
「SMS」「TTS(Text to Speech)」

「SMS」「TTS(Text to Speech)」にハイクオリティなエンジンを実装

TROPOのSMS(*1)は携帯キャリア3社に対応し、携帯番号やURLを含むテキストの送信が可能です。
TTSには、携帯コンテンツやTVでお馴染みの高品質TTSエンジンを使用しています。
日本語に対応しており、漢字、ひらがな、ローマ字、数字などを使ったテキストを違和感ない美しい合成音声で読み上げてくれます。

※1 事前審査があります。用途によりSMSサービスはご利用できない場合がありますのでご了承ください。

  

便利なスマホアプリを自社サービスのツールとして活用

自社サービス内のツールとしてスマホアプリを利用したいが、多数の機種への対応や提供後のアップデート作業が重く、思うように進展しないというケースが多いのではないでしょうか。TROPOは、そうしたスマートフォン向け通話アプリを事業者の顧客にご提供するためのプラットフォームとしてもご利用いただけます。最小規模で通話アプリを自社のサービスに取り入れたいという場合もご相談ください。

スマホアプリケーションのイメージ図
  

拡がるアプリケーションの可能性

TROPOは、アプリケーション開発者が提供する新規サービス、あるいは既にご提供中のサービスと合わせて、エンドユーザー向けに独自にサービス展開していただくことが可能です(*1)。
※1「050」などの電話番号をエンドユーザに再販される場合は、通信事業者として総務省への届け出が必要となります。

様々な分野で今までの実現できなかった独立したシステム間の連携や低コストを可能に
  

Let's start

まずは30日無料トライアルをお試しください

是非、30日無料トライアルをお試しください。
無料で新規アカウントの登録ができ、すぐさまアプリケーションの開発に着手できます。

  
TROPO API(無料)
開発環境(無料)
050番号発行手数料
050番号月額費用料
各種通信料
着信料
TTS利用料
全て無料

※トライアルアカウントでは、アウトバウンドコール、SMSの送受信、フリーコールナンバー0120/0800の利用はご利用いただけません。(トライアルアカウントは登録後30日で自動解除されますのでご注意ください)

先頭へ戻る